バイナリーオプション 外為オプションの口座開設から取引まで

バイナリーオプションとは

FXの新たな取引形態の1つとして、ここ最近で人気急上昇中なのがバイナリーオプションと呼ばれるオプションです。
BO等とも略されるバイナリーオプションとは一体どのようなオプションなのでしょうか。

 

バイナリーオプションのルールは、各会社が決めた時間の中で元となる基準レートから、期限時に為替レートが上がっているか下がっているかだけを予想する非常にシンプルなオプションになります。

 

会社によってルールは変わってきますが一例を挙げると、午後7時にスタート、午後8時が終了時刻の回があった場合午後7時の時点で1ドル100円だとしたら、この100円が基準レートとなります。
その一時間後の午後8時のレートが100.01円ならUP(HIGHやCALLなどという場合も)、99.99銭だったらDOWN(こちらはLOWやPUTなどという場合も)という風に基準レートから見て勝敗を決めます。
基準レートから一銭でも上がって(下がって)いたならば、賭けていた方向があっていたら勝ちで賭け金に一定の倍率を掛けた金額が払い戻され逆に予想とは違う方向に行ったら賭け金は没収という二者択一の分かりやすいなルールが投資初心者でも敷居が低いので、今人気が急上昇しているのです。

 

国内でのバイナリーオプションを提供している会社は、まだ少ないのが現状ですがバイナリー人気はFX投資家に徐々に知られるようになってきておりネットのFX情報や雑誌・書籍といった媒体で、バイナリーオプションを紹介する流れが出来始めています。
リスクヘッジの一環として、裁量取引にプラスする形でバイナリーオプションも運用するのは非常に有効だと思います。

 

中性脂肪サプリメントランキング!

バイナリーオプション人気口座ランキング!

 

 

 

外為オプション
GMOクリック証券の外為オプションの詳細はこちら

 

FXトレード・フィナンシャル
FXトレード・フィナンシャルの詳細はこちら

 

みんなのバイナリー
みんなのバイナリーの詳細はこちら

バイナリーオプション人気の訳

バイナリーオプション

比較的新しいオプションにも関わらずバイナリーオプションの人気はうなぎ昇りです。
バイナリーオプションが、なぜこんなにも人気があるのか?
その理由のいくつかを挙げてみましょう。

 

まず、HIGH/LOWに代表される、ルールの分かりやすさです。
HIGH/LOWは上がるか下がるかの2択取引ですから、ルールさえ覚えれば簡単に取引が出来ますね。
初心者にとって敷居が非常に低い訳です。

 

勝敗が決着する時間が決定されているのも大きな魅力です。
裁量取引ではポジションを持ったまま日や週を跨いだりすると、非常にストレスになりますがバイナリーオプションなら、定刻に勝敗が確定し、決済が完了するので裁量取引にはありがちなポジションを持ったままイライラするという事が無いのです。
FXをやると、ストレスを感じることも多く有ると思いますがバイナリーオプションならそういったポジション保持によるストレスからは解放されます。

 

それから、損が賭けた金額で限定されるという点。
バイナリーオプションは、決まった時間に必ず勝敗が決し、負けても損失は、その賭けた金額に限定され、それ以上になることは決して有りません。
一方、通常の裁量取引は、ポジションを取るタイミング、決済のタイミングを間違えると含み損が一方的に膨らんで、気づいた時には大損をする事がありますし逆に利益確定が上手く出来なくて全く利益が取れなかったりすることがありますがバイナリーオプションは勝てば、きっちり利益も確定されます。
自分の資金に合わせたポジションを取ることが簡単ということです。資金管理はFXに於いては重要ですからね。


バイナリーオプションの3つの取引方法

バイナリーオプション

バイナリーオプションには、主に3つの取引方法があります。

 

まず、時間内のレートがどちらの方向に行くか予想するだけの、二者択一のシンプルな取引方法、それがHIGH/LOWです。
こちらは、スタートした時点のレートと終了時のレートを比べて上がるか下がるか?
それだけをシンプルに予想する単純明快な取引です。
終了時のレートが自分の賭けた方向に動いていれば、賭け金に一定の倍率(会社によって違います)を掛けた金額が戻ってきます。
自分が予想した方向と違う方向に行ったら、賭け金は全額没収です。非常に簡単ですね。

 

2つめはレンジ(境界)です。
ある定められたレンジ内レートに終了時間時のレートがそのレンジ内に収まるか、それともレンジ外に出るのかを予想します。
例えば、ある時間内に定められたドル円のレンジが100〜101円に設定されていた場合
100.01〜100.99円までの間はレンジ内
それ以外のレートであればレンジ外になるということです。
残念ながら日本のFX会社で、この取引を扱っている会社は無いようです。

 

3つめはワンタッチ。
これは、期限までに、自分が予測した為替レートが一度でも、その金額に達するかどうか(タッチするかどうか)を予想する取引です。
たった一度でもタッチしたら、賭け金に一定の倍率を掛けた金額が戻りますがタッチしなければ、当然賭け金は没収されます。
ワンタッチは予想がしにくく当たりにくい反面、ペイアウト率がHIGH/LOWより高いです。
国内FX会社ではFXプライムとIGマーケッツ証券がサービスを提供しています。

 

以上が、バイナリーオプションにある取引方法です。
ですが、国内の会社では殆どがHIGH/LOWのみの取り扱いに留まっていますので、現段階ではHIGH/LOWだけ知っておけばまず問題有りません。